50歳からの生活【仕事の見直し】より良い自分になるために

50歳からの生活

いよいよ私も50歳になり、これからの人生について真剣に考えました。

身体をいたわらず、貯金もせず、好き勝手な生活を送ってきた私…。

このままでは、健康面でも経済面でも、とんでもない老後になってしまうのは、明らかです。

もう50歳のいい大人なんだから、ちゃんとしなくちゃ!と、豊かな老後にむけて、一念発起し、生活を見直すことにしました。

老後までの時間があまりないので、ここからの10年が勝負だと考え、その基盤を2年間で固めるつもりです。

仕事の見直し

生活や家計を“見直す”というのなら、仕事も“見直し”が必要です。

【仕事の見直し項目】

・収入は満足しているか?

・休憩や休日は、きちんと取得できる環境か?

・仕事の量や評価は、適切か?

・早出や残業に追われていないか?

・上司や同僚との人間関係で、ストレスはないか?

・通勤に苦労はしていないか?

・やりがいはあるか?

などなど…

これらを客観的に見て、判断が必要です。

私の場合は、ただ一つだけ見直したい項目がありました。

それは、収入面です。

今まで転職を多く重ねてきたため、お給料の昇給の積み重ねというものがなく、お給料がそれなりの仕事を選んではきましたが、やはり、一つの仕事を継続している人には敵いません。

ボーナスは、今のご時世でもきちんといただけていましたが、昇給が少なく、将来的にも増えることは難しいようでした。

私にとっては、これからの生活を考えると、収入を増やしていくことが、一番重要なことになります。

老後までの残り期間は、50歳から65歳までの15年間。

この15年間で稼げる金額を増やすには、転職するしかないと決心しました。

3年前から転職の準備

実は、転職に関しては3年前から準備を始めていました。

その当時、私は派遣の仕事をしていました。

そして、その派遣期間が2年間だったのです。

2年後には、新しい仕事を探さなければいけない…。

50歳から、また派遣社員というのも将来的に不安定なので、正社員を目指すことにしました。

次の仕事は生涯で最後の職場にしたい

そして、自分は何をやりたいのかを考えました。

当時の仕事が性に合っていたので、それと類似した職種にすることにしました。

そこからは、2年後に働きたいと思う職場を決め、それを目標に、資格取得を目指しました。

類似した職種とはいえ、初めての職種だったので、何の経験もない50歳が転職するには武器が必要だと思い、資格を取得することにしたのです。

目標通りに、2年以内にFP2級に合格しました。

アラフィフでも、最短でFP2級を取得できた詳細は、こちら↓

FP2級・AFP同時取得したゼロからの学習法〜アラフィフ転職
私は、未経験の仕事に転職するために、FP2級を目指すことにしました。転職を実行するのは2年後と決めていたので、2年以内にFP2級資格試験に合格し、AFP資格を取得する必要がありました。結果は、予定通り2年で、FP2級&am...

思いがけない直接雇用

人生は何が起こるか、本当に分かりません。

2年間の派遣期間が終わる頃、思いがけないことが起こりました。

派遣先から、私が目指していた職種に近い部署での直接雇用のお話をいただいたのです。

驚きとともに、喪失感も感じました。

この2年間目標を定め、そこへ向かって頑張ってきた自分のモチベーションの行き場に困りました。

すごく良いお話をいただけたことは、100も承知ですが、何だか、全身全霊の力が抜けた感じです。

頑張って頑張って走ってきて、ゴールが目の前!という時にゴールがなくなり、もう走らなくていいよとタオルを背中に掛けられた感じと言えば、分かっていただけるでしょうか?(我ながら、いい表現!)

周囲では、皆が直接雇用を喜んでくれましたし、他に選択肢ないよという意見ばかりでした。

確かに、その通りなのは分かっていました。

先ほど述べたように、【仕事の見直し項目】の中で、唯一、気になったのは収入の面だけだったからです。

その当時、私は、派遣社員をしながら、二つの副業をもつ、トリプルワーカーでした。

定時で終わる仕事だし、副業を続ければ何とかなるかという気持ちにもなりました。

2年間目標にしてきた会社に応募して、合格するという保証もないし、もし今、直接雇用の話をお断りして、目標の会社にも合格できなかった場合が一番困るという結論に至り、直接雇用の道を選びました。

トリプルワークの詳細はこちら↓

トリプルワークしています。〜転職を重ね、ダブルワークを重ね、トリプルワーカーへ〜
ダブルワークからトリプルワークになって、まもなく1年が経とうとしています。「私は現在、トリプルワークをしています。」と言うと、他人は、「大変でしょう」「そんなに生活が苦しいの?」と気の毒そうに言います。...

一度夢見た目標が心から消えず…

私は、昨年の春、めでたく直接雇用となりました。

これで、定年まで安泰です。

会社は徒歩5分だから、お昼休憩は家に帰って食べることができるし、年間休日も十分にあり、有休消化も問題なくできます。

退社時間が早く、残業もほぼない、ゆとりのある職場です。

女性の多い職場ですが、人間関係も良好で、毎日楽しく過ごしました。

でも、あの2年間頑張ってきた目標への夢が消えません。

このままだと、やらずして後悔するのでは?と、悩み始めました。

でも、今の幸せを手放すことも、後悔に繋がるかもしれない。

このまま定年まで過ごす職場としては、最高の条件が揃っています。

但し、収入の面を除いてですが…。

直接雇用になってからも副業は続けましたが、職場にバレてしまうことを恐れて、出勤を減らしていました。

もっと収入を増やしたいという思いもありましたが、体力的にも、いずれ副業をやめて、本業一本にすることも考えていかなければいけないと思っていました。

やはり、今、挑戦しなければいけないのではないか?

私の中では、行動に移さずに一生後悔することが許せなかったので、まずは、目標だった会社へ応募してみることにしました。

それが、あれよあれよといううちに最終面接までいき、遂に合格したのです!

目標の会社への転職と退職

転職を目標としてから、2年半が経過していました。

目標の会社に入社できるチャンスがやってきたのです。

チャンスは掴むしかないですよね?

合格してしまったら、それはもう、転職するしかありません。

正直なところ、そこからもすごく迷いました。

今の安定を手放したら、後々、後悔することになるのではないかということです。

人生には、ちょいちょい自ら選択しなければいけない場面があるんですよねー。

まあ、今までもやってからの後悔はなかったし、ダメならまた別の道を探せばいいだけだから、せっかく合格して、やらずに後悔するのだけは避けようと考えました。

トントン拍子で合格したのも、きっと何かのご縁と信じて、転職をしました。

ところが…

会社って、実際に働いてみないと分からないものですよね。

その会社は、相当なブラック企業でした。

2年半かけて夢見てきた理想が、一気に崩壊し、わずか3ヶ月で、目標だった会社の正社員を辞めることになりました。

その時の詳細はこちら↓

アラフィフですが、3ヶ月で正社員を辞めました〜良くない縁を断ち切ったら、全てが好転し始めた!
アラフィフの私が、夢と希望に満ちた転職をしてから、わずか3ヶ月で正社員を辞めたお話です。その会社とは、良くない縁で繋がっていたのでしょう…縁を切ってから数日で、どんどん生活が好転し始め、以前のような明るく前向きな自分に戻れ...

今は理想の仕事で正社員

その後は、正直、転職が怖くなりました。

あれだけ、時間と労力を使ってたどり着いた場所が違っていたのですから、もう何も信じられません。

定職に就かず、これまでの副業経験を生かして、いいとこ取りのフリーターになろうかとも考えました。

手当たり次第に派遣会社や求人サイトへ登録して、紹介してもらったり、応募してみたりしました。

私の場合、本業でも副業でも、仕事を探す際は、まず、より多くの求人サイトへ登録します。

求人の新着があると、メールで新着情報が配信されるので、いち早く掘り出し物が見つかる可能性が高いです。

高時給や高待遇のものは、早い者勝ちで決まるので、良い求人を見つけたら、即応募します。

詳細を聞いてダメだったら、お断りすれば良いのです。

まずは、行動することが大切です。

長期で働く職場を決めかねて一歩踏み出せず、とりあえず、高時給の単発バイトでつないでいました。

そのうちに、少し冷静になってくると、今なぜ、こんなことになっているのかを思い返しました。

50歳からの生活のために、安定した職場で働こう

これまでの仕事づくしの生活を、今度は自分磨きのためにゆとりのある生活にしよう

そう考えて、計画的に転職したんですよね、私。

それが現実になった途端に、あっという間に崩れてしまって…

今フリーターとか言っていたら、本末転倒でしょう。

それほど私にとって、あまりにも衝撃的な出来事だったので、思考回路まで壊れてしまい、判断力がなくなってしまっていたのです。

ようやく目が覚めてから、私の人生は、急激に良い方向へ展開していきました。

最終的に3社から良い話があり、その時も迷いましたが、なんとなく身を任せていたら、今の職場に辿り着きました。

職種には拘らず、お給料と待遇で探していましたが、結果的に、目標としていた職種に就けたのは、やはり運命だったのかもしれません。

頑張って取得したFP2級の資格も、無駄にはならずに、今となっては資格手当もいただけています。

すべてが結果オーライなので、今の職場へ転職するために遠回りしただけなのかもしれません。

もちろん、【仕事の見直し項目】も全部クリアしています。

現在は、副業もやめて正社員一本で、ゆとりのある生活をしています。

トリプルワークをやめた詳細はこちら↓

トリプルワークやめました〜トリプルワークは、やって良かったか?
これまで仕事まみれの生活をしてきましたが、私も50歳になり、残りの人生を改めて考えました。人生最後(と思って)の転職で、正社員になり、副業禁止の身となりました。現在の仕事は、職場の環境も良いですし、働き方を自由に選択できる...

まとめ

仕事の見直しは、一度失敗に終わり、どん底まで落ちました。

それも今振り返れば、良い経験となりました。

今回の転職は、して良かったのか?

しないで、直接雇用された職場に居続けた方が良かったのか?

私の正直な気持ちは、前者です。

環境としては、後者でも良かったかもしれないとも思います。

でも、転職したい気持ちを持ち続けて、そのまま定年退職を迎えた時に、挑戦できなかったことを後悔したと思います。

まさか、あんなブラック企業だなんて知る由もありませんから、もっと素晴らしい未来になっていたかもしれないと考えたでしょう。

問題だった収入面に関しては、転職後、月収は増えましたが、年収で計算すると、前職と同額くらいです。

ただ、今後のやる気次第では、増やしていくことも可能です。

今は、長期間、転職にパワーを使い果たして、仕事は控えめな感じです。

パワーを充電して、やる気がでたら、せっかく手にした環境で、昇格試験を受験して収入を増やしていきたいです。

働き方をいろいろ選べる会社ですので、その時々の状況に合わせて、定年退職まで勤め上げたいと思います。

今回の仕事の見直しは、全く後悔をしていないので、失敗したことも含めて、成功と言えるでしょう。

50歳からの理想の仕事をGET!

目指す、

心身ともに無理をせず、ゆとりのある生活

に一歩前進です。

50歳からの生活【目標設定】より良い自分になるために
芸能人も多い“花の47年組”と言われる昭和47年生まれの私も、ついに50歳になりました。世間からは、“おばさん”と言われる層です。個人的な見解ですが、40代はまだ“お姉さん”でいける気がしていました。でも50歳にな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました