2月2日【いい日】〜毎日をいい日に〜今日のこと

today-topics

【いい日】は、Happyになるために、私個人が、勝手に毎日いい日を認定しています。

より良くする活用法や今日のこと(その日の情報、最近話題のこと、思ったこと)、Happyの心得などを記しています。

2021年の1年間を、一緒にHappyに過ごしましょう!

パンジー(2月2日誕生花)花言葉:もの思い・私を思って

2月2日は「にじいろに輝くいい日」

2月2日は「虹色に輝くいい日」と認定します。

より良い、いい日にするための活用法

①雨が上がり晴れ間が見えた時の、晴れ晴れとした気持ちでつぶやく。

「虹色に輝くいい日だなぁ」

②1日の締めくくりに寝る前にも、目を閉じて目の前に広がる大きくかかった虹を想像して、つぶやく。

「虹色に輝くいい日だったなぁ〜」

2021年2月2日(火) 今日のこと

2021年の節分は【2月2日】

以前から話題になっていたので、みなさんご存知だと思いますが、今日は『節分』です。

なんと、1897年以来“124年ぶり”とのこと。

そりゃあ、『節分は2月3日』って必然的に思っちゃいますよねー。一生に一度あるかどうかですもの。

でも、実は37年前の1984年の節分も『2月3日』ではなく、『2月4日』だったんです。

37年前…私は小学生でしたが、全く記憶にありません。

小学生の頃の私は、「なんで2月3日じゃないの?」などと何も思わずに、豆を渡されるがまま、ただ豆をまいていたのでしょう。

ついこの間、恵方巻きのCMを見るまでは、その年のことが完全消去され、『2月3日』が節分の日として私の脳には認識されていました。

現代の子供たちはというと、テレビの街頭インタビューを見ていたら、親よりも早くこの情報を知っていましたよ。

なんて、素晴らしい!

そもそも、節分の日が何でズレるのか?

「立春の日の前日が、節分の日」

ということが決まっているため、

立春の日がズレると、必然的に節分の日もズレるということです。

立春の日とは、『二十四節気』の一つです。

1年間を太陽の動きに合わせて、春夏秋冬の4季節に分け、それをさらに各季節で6つに分けたものが『二十四節気』です。

『二十四節気』は、毎年、国立天文台で天文観測に基づいて決定し、翌年の分を発表しています。

毎年大きくズレることはありませんが、今後も、2日になったり、3日になったりするそうです。

なんだか面倒だし、そんなに大きく変わらないのであれば、『2月3日』を節分の日に認定してしまえばいいのに、日本人って律儀ですよね。

今後は、来年から2024年までは2月3日が節分、2025年は2月2日が節分と、だんだん2日になる年が増えていくようです。

あ!今日は恵方巻きを食べなきゃ。

恵方巻きは、恵方(歳徳神[としとくじん]という神様がいる方向)を向いて食べると縁起が良いですよね!

今年の恵方は、“南南東”です。

さらに、喋らずに一気に食べるのが良いとされていますので、みなさん、喉を詰まらせないように気をつけてご賞味ください。

Happyの心得(感謝・笑顔・ありがとう)

毎日に感謝して、

笑顔で、「ありがとう」の言葉を伝えよう!

今日は絶対「いい日」になるから。

今日も「いい日」にお付き合いいただき、ありがとうございました。

また明日の「いい日」で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました