50歳からのショートヘア/メリットだらけ!今がチャンス?【50歳からの生活】

50歳からの生活

世の中の女性が『髪を切る』ことに意味はあるのでしょうか?

むか~し、昔、私たちが若かった頃は、意味があって切る人が多かったのかもしれませんが、今はそんな時代ではありません。

確かにまったくゼロではないかもしれませんが、深い意味はなく、

単に “イメチェンしたい!”

単に”気分を変えたい”

という人の方が多いのではないでしょうか?

最近のショートヘアブームもあり、

ショートヘアって、かわいい!

ショートヘアにしたい!

と思われている方、

興味はあるけど、勇気が出ない・・・

と、なかなか一歩を踏み出せずにいませんか?

ずっとロングヘアやセミロングヘアで生きてきた人には、なかなかハードルが高いですよね。

そこで、1年前にロングヘアからショートヘアに転身した私が、ショートヘアのメリットやデメリットと感想をお伝えします。

迷っている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

今までショートヘアにしなかった理由

1年前までの私のヘアスタイルは、だいたいロング、たま~にミディアムでした。

“髪は女の命” と言われることからも分かるように、ロングヘアは “女の武器” になりますからね!

若い頃は、思いっきり武器を使って勝負していましたよ(笑)

ロングのほうが結んだり、巻いたりアレンジがいろいろ楽しめますし、それを考える時間やセットしている時間=女子力アップ時間で、気分が上がります。

また、ちょっと顔が腫れぼったい日や肌のコンディションが悪い日でも、なんとなく髪の毛でごまかすことができますので、いざという時に(?)どうにでもできることに安心感がありました。

それと私の中では、顔が “シュッ” としている美人でないとショートが似合わないという固定観念が強くありました。

「私のような丸顔がショートにしたら、顔が全面に出てしまい、更に丸く、デカく見えてしまう…」

とずっと避けてきたのです。

しかも昔は、女性が『髪を切る』ことに敏感な人が多く、ロングからミディアムにしただけでも「結構、髪切ったよねー」「どうしたの?」と “小さな騒ぎ” になりました。(今の時代では、そんなことはあり得ませんよね。すぐにセクハラになってしまいます。)

これが、ショートにしようものなら、 “大騒ぎ” になるんじゃないかという恐怖と、言われる度にいちいち対応するのが面倒だという思いがありました。

逆に、全く触れられない場合も寂しいですしね。(女心は面倒です・・・)

男性の場合は、『丸坊主』にした場合と置き換えて考えてみてください。

気持ちが分かるのではないでしょうか?

ノンシリコン、8の成分無添加。
髪へのやさしさを追求した「ROOT VANISH 白髪染めカラーシャンプー」

『髪を切る』と決めた理由

私の髪は、腰まで伸びていました。

もう何年も “女の武器” など使うことがなくなり、プライベートはそのままのダウンヘア、仕事の時は後方一本結びしかしなくなっていました。

一番の決め手は、仕事の時にする一本結びが髪の毛の重みで後ろに引っ張られてしまうようになり、それに耐えられなくなったことです。

もともと髪にボリュームのない私は、このままでは「額がハゲあがっていくのではないか?」という恐怖に本気で陥りました。

プラスして、枝毛、切れ毛、抜け毛や結ぶと白髪が目立つ等の悩みがあり、ストレスは溜まる一方でした。

以前は、『女子力アップの時間』とルンルンしていた作業が、シャンプーをするにしても、白髪染めをするにしても、乾かすにしても、手間がかかって煩わしいとさえ思うようになっていたのです。

(注)アラフィフの全ての方が、そうであるわけではありません。私、個人の感想です。

結果、

・ハゲたくない!

・ストレスを解消したい!

・私にはもう “女の武器” はいらない!

・今まで『女子力アップ』に充てていた時間を、他のやりたいことに充てたい!

・髪は伸びるものだし、切ったってまた伸びる。それなら切っても問題はない!

という理由で、『髪を切る』決意をしました。

公式サイトはこちら

ショートヘアにした感想(メリット・デメリット)

感想

ショートヘアにしてまず思ったことは「かる~い!」です。

次に「意外と似合うじゃん!」です。

顔の形やデカさ等、関係ありませんでした。

50年生きてきて、固定観念は覆されました。

夢のような日々のはじまりです。

メリット

早速、メリットを発表します!

・シャンプーがラク。(時間、シャンプー、水の節約になる。)

・タオルドライで、8割方乾く。

・スタイリングに時間がかからない。(アレンジを考えなくても、そのままで十分かわいい。)

・仕事中にヘアスタイルの乱れ等を気にする必要がない。

・髪の傷みがあったとしても、視野に入らないので気にならない。

・白髪染めもラク。(保存できる白髪染めなら、数回使える。)

・美容室でもロング料金がかからない。

・とにかくすべてが時短で、その分やりたいことに時間を充てられる。

・以上のことから、ストレスフリーな生活になった。

これ、文字で見るより、実生活は本当に超快適ですよ!

デメリット

あえて、デメリットをいうなら…

・冬は、少し首元が涼しい。(でも、マフラーが巻きやすいので即解決!)

・結んだ方がスッキリする場合も、結べない。(例えば、髪を振り乱して家事をする時など)

・アレンジできる幅が、ロングよりは少ない。

う~ん。それくらいですかね。

年齢を重ねてショートヘアにすること

私には、もう一つの固定観念がありました。

年齢を重ねてショートヘアにする人が、私の周りには多かったのですが、私はそれが老けて見えることにつながると思っていました。

前述したように、やはり顔が前面に出るという考え方からきているものでした。

老け顔が隠せないと思っていたのです。

でも、美容師さんから「それは違いますよ。」と教えてもらいました。

年齢とともに髪にハリがなくなり、毛髪も細くなります。

それでロングにしているとトップがペチャンコになり、残念な感じになるのだそうです。

ボリュームが、大事になってくるということですね。

ショートにしてボリュームが出るようにカットしたり、スタイリングしたほうが若々しく見えると教えてもらいました。

ノンシリコン、8の成分無添加。
髪へのやさしさを追求した「ROOT VANISH 白髪染めカラーシャンプー」

最後に

とにもかくにも、しばらくはショートヘアがやめられません。

私にとっては、メリットが多過ぎます。

そのうち『女子力アップ』にまた目覚めて、巻き髪とかしたくなったら伸ばすことにします。

髪は伸びるものですから、いつでも調整可能です。

特に、私は伸びるのが早い!

『髪を切る』ことを迷っている方、このコロナ禍の今がチャンスかもしれませんよ!

コロナ禍ではマスクが必須です。

このマスクが、最悪を招いてしまった場合には救世主となります。

私のような丸顔さんも、ショートヘアに挑戦するなら今がチャンスです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました